アウトウェイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【社会】民団・鄭団長「住民の権利としての日本の地方参政権、韓国国民の権利としての国政参政権の行使」

<<   作成日時 : 2009/03/01 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【在日】民団・鄭団長「住民の権利としての日本の地方参政権、韓国国民の権利としての国政参政権の行使、矛盾は無い」
http://nidasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-925.html


第51回定期中央大会で選出された鄭進団長、黄迎満議長、金昌植監察委員長は、祝賀会の後、韓・日・在日の記者を前に就任記者会見に臨んだ。3機関長が今後3年への抱負を述べた後、鄭団長は25日に就任1周年を迎える李明博大統領の書籍『李明博自伝』1000冊を日本全国の図書館に寄贈、2000冊を地方本部を通じて有効活用すると明らかにした。会見要旨は次の通り。

−−本国の国政参政権が在外国民にも付与されることになったが、どう評価するか。
鄭団長 国政参政権が私たち在日韓国人にも認められたことは、在外国民の権利伸張、地位向上に寄与するものとして原則的に歓迎する。ただ、熾烈な選挙戦による与野党の対決構図が在日同胞社会に持ち込まれたりしないように、「委員会」をつくって対応策を考えたい。

−−これまで進めてきた地方参政権獲得運動に支障をきたさないか。
鄭団長 住民の権利としての地方参政権、国民の権利としての国政参政権の行使ということで矛盾はしない。しかし、本国と日本での「二重取り」との誤解が生じないようにしなければならないと思う。

−−参政権運動を進めているが、民団の選挙は限られた人間しか投票できないのが実情だが。
黄議長 民団の選挙は代議員制度が基本だが、より多くの民意を反映させるために選挙人制度を設けている。今年は兵庫、京都本部の大会で初めて地方でも導入される。多くの同胞が民団に参与できる一つの試みだ。

−−50期の成果は何か。
鄭団長 オリニジャンボリーや「MINDAN文化賞」、「みんだん生活相談センター」の創設もあげたい。同胞の弁護士、税理士などが、年間約1000件の相談に応じてきた。生活者団体を標榜する民団として、同胞の生活に密着した様々な問題を解決してきたことを成果ととらえている。

−−朝鮮総連との和合、交流については。
鄭団長 日本人拉致や核、ミサイルなど、北韓の暴挙に対して総連はまったく反論しない。北韓に追従するだけの総連が、その体質を改めない限り、中央レベルでの和合はできない。だが、地方レベルでの非政治的な分野の交流まで否定するものではない。

金監察委員長 06年の「5・17事態」では、当時の執行部が総連との和合を掲げ、共同声明を発表したが、和合するために総連が出した条件があったと思う。民団の方針を曲げてまで和合する必要はない。

−−経済危機をどう克服していくのか。
鄭団長 「打ち出の小槌」があればいいが、事はそう簡単には運ばない。韓商連や韓信協、さらに日本進出の韓国の銀行などと連携し、英知を集めて対処したい。

−−来年は韓日併合100年だが。
鄭団長 今年9月に大使館主催で「韓日大祝祭」が予定されているが、団をあげて積極的に参与していく。100年の節目に当たり、「教科書問題」の再燃が危惧されるが、私たちは日本で共生・共存を図っていくということが基本的な姿勢だ。政治問題と民間交流は別次元で考えていきたい。

(2009.2.25 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3303&corner=2


( ・ω・)おいおい、お前さんたちは、韓国本国で参政権得てるだろ。それでいいじゃないか。
だから帰って徴兵されろよ(韓国は徴兵制)


(・ω・)こいつらには絶対に参政権、被選挙権など利権は与えては駄目です。
利権にのさばってあくどいことを平気でやります。


しかし
民団中央新年会>韓日共同発展の新時代開こう 裾野拡大の先頭に「地方参政権」年内に必ず
http://www.mindan.org/sibu/sibu_view.php?newsid=10763&page=3&subpage=2717&sselect=&skey=

>地方参政権については、日本の国会議員から与野党を問わず、賛成の立場からの発言が相次いだ。
>与党公明党の太田昭宏代表は「共生、地方分権、人権の角度から早期付与を」と発言した。

>野党民主党の鳩山由紀夫幹事長も「もっと真剣に取り組む1年に」と語った。
>共産党の志位和夫委員長は「被選挙権も含め一刻も早い実現を」、
>社民党の福島みずほ代表は「代表なくして課税なし。実現のために全力を尽くす」、
>新党日本の田中康夫代表は「外交の互恵主義に基づき、付与に踏み出す1年に」と続けた。

【外国人参政権を取り巻く、厳しい状況】

自民党下野で可決・成立するとは、何かの冗談と思いたいが、現実にはそうなりそうな情勢だ。

自民党 - 反対(一部議員は賛成)
民主党 - 賛成(一部議員は反対)
公明党 - 賛成
共産党 - 賛成
社民党 - 賛成
国民新党 - 亀井静香・自味は賛成
新党日本 - 賛成
改革クラブ - 西村は反対
無所属 - 平沼は反対

(;・ω・)やばいですね。売国党が押せ押せしてます。

こんな質問がありますが。
Q1. 税金を払っているのだから参政権を与えるべきだ。

A1. いいえ、与えるべきではありません。税金は道路、医療、消防、警察などの
   公共サービスの対価であり、参政権とは関係ありません。
   もし、税金によって参政権が与えられるなら、逆に言えば学生や主婦、老人など、
   税金を払っていない人からは参政権が剥奪されることになります。

   そもそも「納税してるんだから参政権よこせ」というのは、「参政権をカネで売る」という
   発想であり、 日本の先人たちが長い時間を掛けて勝ち取った普通選挙制度を否定し、
   制限選挙制度(金持ちしか選挙に参加できない)に逆戻りすることに他なりません。

   なお、日本では1925年に、それまであった納税条件が撤廃されました。

(・ω・)うほ、いい条件<納税条件が撤廃


外国人の地方参政権は最高裁にて否定されました。

判例検索システムより↓
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=25633&hanreiKbn=01

判決要旨
日本国民たる住民に限り地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有するものとした
地方自治法一一条、一八条、公職選挙法九条二項は、憲法一五条一項、九三条二項に違反しない。

(・ω・)いいねぇ、さすがに裁判は圧力には屈することが少ない。

(:・ω・)まぁ本気でやるんなら”なんでも”するから恐ろしいんですけどね(汗<在日の利権


>在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します。
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>在日韓国人の法的、政治的、社会的権益を擁護し、日本
>社会と日本政府の差別政策を是正していきます。

http://www.mindan.org/enkaku/vision/vision.htm

日本に住みながら、

  韓 国 の 憲 法 と 法 律 を 遵 守 す る

と公言している連中。
常識で考えて、こんな連中に参政権与えていいはずないだろ。


(・ω・)b すばらしい、とっとと帰れ。


読んでくださってありがとうございました。


(・ω・)ちなみに
在日韓国人の強制退去、韓国側が拒否してたことが判明
http://nidasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-890.html

(・ω・)どんだけ嫌われ者ですか<在日韓国人

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【社会】民団・鄭団長「住民の権利としての日本の地方参政権、韓国国民の権利としての国政参政権の行使」 アウトウェイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる