アウトウェイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【社会】「日本人に思いやりの心を教えてもらった」ブラジル人親子が感謝の気持ちを胸に帰国

<<   作成日時 : 2009/03/19 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【社会】「日本人に思いやりの心を教えてもらった」ブラジル人親子が感謝の気持ちを胸に帰国
http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/766676.html

■ブラジル人親子3人、感謝の帰国…滞在18年・職探し断念

 日本で18年間暮らしてきた福岡県粕屋町のブラジル人男性が職を見つけられず、17日、家族とともに
関西空港から帰国の途についた。
 日本の知人が親身になって支えてくれたが、不況が深刻化する中、職探しを断念。「日本人に思いやりの
心を教えてもらった」と感謝の気持ちを胸に日本を離れた。
 ジョーゼ・ホベルト・セガンチーニさん(41)と、妻ニウセさん(39)、長男フィリオさん(17)。
 ホベルトさんの親族に日本人がいることから日本の在留資格を取得でき、1991年に来日。親族の薦めを
受けて九州で仕事を探し、佐賀市のアパートを借りた。結婚したばかりで1年半ほど働いてお金をため、帰国
する考えだった。ホベルトさんはトラック運転手、ニウセさんは同じ会社の運搬係などとして働き、翌92年に
フィリオさんが生まれた。
 フィリオさんは、市内の「ちえんかん保育園」に預けた。2人が仕事を終えて午後8時頃迎えに行くと、いつも
内田広行園長(69)と妻鈴代さん(70)がフィリオさんを風呂に入れ、ミルクや離乳食を与えて待っていた。
「じいちゃん、ばあちゃん」と園長夫婦になつく息子を見て、2人は「もっと日本にいよう」と思うようになったという。
 ホベルトさんは在留期間の更新を重ね約10年後、「素行に問題ない」などとして日本の永住資格を認め
られた。身元保証人は園長夫婦が引き受け、内田園長は「素直で一生懸命働いている姿を見て、何かして
やろうという気になった」と振り返る。
(中略)
 内田園長は「日本にいたいという願いをかなえてやれず悔しいが、今の日本は外国人にとって過酷。帰国した
方がいいのかもしれない」と複雑な胸中を明かす。
 ホベルトさんは「日本人は自分が苦しい時でも、私たちを助けてくれた。大好きなこの国にずっといたかったが
仕方ない」と言い、帰国後は親族に仕事を紹介してもらう予定だ。
 日本語で育ち、母国語のポルトガル語の読み書きがあまりできないフィリオさんは「日本で勉強して働きたかった。
また戻ってきたい」と話した。(本部洋介)

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090317-00000935-yom-soci

( ・ω・)また日本に来てくださいませ。

(・ω・)スレの2chの人のレスの暖かさにちょっと心が温まったでござる。


読んでくださってありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【社会】「日本人に思いやりの心を教えてもらった」ブラジル人親子が感謝の気持ちを胸に帰国  アウトウェイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる