アウトウェイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【特ア】中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始

<<   作成日時 : 2009/05/13 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始
http://blog.livedoor.jp/a6news/archives/675503.html

中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。
逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

買収話が持ち掛けられた地元自治体などが慎重姿勢を示しているため、これまでに売買交渉が成立したり、実際に契約締結に至ったりしたケースはないというが、外国資本の森林買収による影響が未知数なことから、林野庁は都道府県に対して一斉調査を始めるなど危機感を強めている。

奈良県境に近い山あいにある三重県大台町。昨年1月ごろ中国の企業関係者が町を訪れた。
水源地となっている宮川ダム湖北を視察した上で、「いい木があるので立木と土地を買いたい」と湖北一帯の私有地約1000ヘクタールの買収を町に仲介してほしいと持ち掛けた。
また約3年前には、別の中国人の男性から町に電話があり、同じ地域の水源地の買収話があったという。

町は「本来の水源林として残してもらいたい。開発はしないでほしい」と相手側に伝えると、それ以降交渉はなくなり連絡は取れなくなったという。

水源地の立木は、原生林を伐採した後に植林した二次林で、「よい木材」とは考えられず、土地も急斜面で伐採後の木材の運び出しに多額の費用がかかるため、同町産業室の担当者は「木ではなく地下に貯まっている水が目的ではないか」と分析する。

また、長野県天龍村には昨年6月、東京の男性が訪れ「知り合いの中国人が日本の緑資源を買いたがっている。今の山の値段はいくらか」と持ちかけてきた。同村森林組合の担当者が
実際に山のふもとまで案内し、森林の現状を説明した。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090512/biz0905122342041-n1.htm

(;・ω・)これはすぐに法整備しないとやばいな。林野庁はがんばってほしい。


5 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:05:42 ID:grQS2nr80
なんてこったい法整備してなかったのか


26 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:08:19 ID:UUDm+6RT0
>>5
水を手に入れる苦労しらん国民が大半だろうからなぁ。


38 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:09:23 ID:zZlSSBbO0
>>5 法整備されると地価操作して(゚д゚)ウマーできないからな。
日本は官僚に支配されてる。


93 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:14:41 ID:ZRoJllMN0
>>5
中川昭一が動いていたようだが…どこまで進んでいたのやら


(・ω・)難しいがやってくれるといいな。



6 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:05:43 ID:S8l133E/0
中国による日本侵略計画が徐々に現れてきたな

(・ω・)怖えええよ(汗)


59 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:11:06 ID:ydGH04hM0
水源地で水をゲット

下流には毒を流す

水バカ売れ


中国人ならやるよ
マジで


98 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 01:15:00 ID:tx/aW9Bd0
>>59
それは犯罪だろ。w



868 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 02:21:42 ID:5zarmPM10
>>59
当然やる。
国民全体に水に関する危機感なさすぎ


993 :名無しさん@九周年:2009/05/13(水) 02:33:43 ID:n3cNgUhR0
>>98
犯罪どころか、どんな残虐行為ですら平気でするのが中国人。
しかも恐ろしいのはDQNじゃない、善人ぽい人ですら平気でする

(;・ω・)やるでしょうね(汗)


1.   2009年05月13日 08:45
100年ほど前から日本は水源防衛に必死こいてました。

実際水がうまく循環している地球上の地域というのは日本含めたアジアの一部地域のみ、特に中国もこの利便を持っていたのですが、この200年植栽を省いた森林資源利用のツケで雨が降らなくなった。降っても木が無いので土壌で一時保持が出来ない。
日本は300年程前から体験的に知っていて、不経済といわれようとも植樹を組み込んできた。林業に関わる人間が虫の息になろうともこの事だけは業界の暗黙の了解でやってきた。

ハゲタカ外資が必死こいてやってたのは最終的に水が狙い
ここ近年の日本食品企業の総叩き。食品企業で水を確保していない企業は無い、減らしたいんだよね
ここ数十年。中国アメリカと必死で戦ってるよ林野庁は。

マスコミは矛先を林野庁に向けたいんだろうけどね

(・ω・)ご先祖さんは偉大だね。ああ、なるほろ、林野庁が叩かれてたけどこの点かな?<マスゴミが叩いてた。


読んでくださってありがとうございました。
ちょっち危ないので単記事あげ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【特ア】中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始  アウトウェイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる