アウトウェイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【政治】移民受け入れ、是非を論ずる段階ではない 「日本人の純血を守るんだ」みたいな勢力は生き残れな

<<   作成日時 : 2009/09/17 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

移民受け入れ、是非を論ずる段階ではない 「日本人の純血を守るんだ」みたいな勢力は生き残れない
http://newtou.info/entry/1965/


★移民受け入れ、是非を論ずる段階ではない 対談「新政権で日本はどう変わるか」より抜粋

渡部 移民受け入れの問題は、小渕恵三内閣の時代から提言されてましたよね。今回はあまり目立たなかった。国籍法が改正されたら大変なことになると、右派が攻撃していた。でも、「日本人の純血を守るんだ」みたいな勢力は、生き残れないんですよ。なぜかというと、「純血を守った結果、国がつぶれたり、小さくなったりしていいの」と聞いた時、答えがないからです。

 ただし、それとは別に、移民を入れた時に起きる摩擦をなくす方法を考える必要がある。そこは「オール・オア・ナッシング」ではなくて、どういう形で、どういうスピードで、最終的には日本人として処遇していくのかということです。なぜかというと、アジア共同体を目標に掲げるというのなら、今の欧州連合(EU)みたいに相当、行き来が自由になりますからね。移民を含めた人の出入りに対して、考え方を変えなければならない。

 今すぐ、そうなるわけではなく、10年、20年、50年といったスパンで、変わることなので、今のうちに頭を切り換えておくということです。実際、日本人の切り換えって速くて、中国やアジアからのお嫁さんなんてもういっぱいいるわけですよ。あとはどう、みんなが納得するように戦略を組んでいくかです。

 これは民主党と自民党が政策で競争すべきですね。どっちかが「絶対だめ」と言うよりは、「こうした方がいい」という継続の方向で具体策を探るのが正しい。

渡部 恒雄(わたなべ・つねお)氏 東京財団 上席研究員
写真:

日経ビジネス・オンライン (抜粋) http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090914/204683/?ST=print

画像

さちひこ:俺が国籍法をこりゃおかしいと思ったのは、遺伝子検査しないからだよ。それをやるんだったらまったく問題なし。むしろやれ。

画像

犬兵衛:補足説明すると、国籍法改正案は、日本人の親が海外で子供を作ったときにその子供を日本人として認めると改正された案のことわぅ。ただし、自分の子供かは写真判定という 何それ? やる気あんの?という法案わぅ。遺伝子検査ぐらいはやってほしいわぅ。 こういう事情の為 偽日本人生産法とも言われてるわぅ。

画像

さちひこ:まぁ、それはとっとと改正してほしいんだが移民ねぇ。

画像

犬兵衛:移民はちょっと、ググって調べると素敵に現地民との軋轢とか起こるわぅ。世界的に見て減少傾向わぅ。

画像

さちひこ:さらに恐ろしいことに、中国の移民は大量移民だからな。一人が居つくと家族親戚を呼び込む。

画像

犬兵衛:G大増殖わぅ。

画像

さちひこ:まぁ、安い賃金でこき使いたいってのはわかるが……未来に禍根を残しすぎると思うんだぜ。

画像

犬兵衛:そこらへんはむずかしいわぅね<労働力




読んでくださってありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【政治】移民受け入れ、是非を論ずる段階ではない 「日本人の純血を守るんだ」みたいな勢力は生き残れな アウトウェイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる