アウトウェイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【社会】くらま事故で韓国コンテナ船長が証言を翻し、事故の主因が確定

<<   作成日時 : 2010/01/23 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

くらま事故で韓国コンテナ船長が証言を翻し、事故の主因が確定
http://obiekt.seesaa.net/article/138114164.html

関門衝突事故 「追突避けようと旋回」 韓国船長 「管制に従う」翻す:西日本新聞
--------------------------------------------------------------------------------
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/145562
関門海峡で昨年10月、海上自衛隊護衛艦「くらま」と韓国籍コンテナ船「カリナ・スター」が衝突した事故で、事故につながったとみられるコンテナ船の衝突直前の左急旋回について、韓国人船長が、門司海上保安部の調べに対し、減速しなかったため前方の貨物船に急接近し「追突を避けようとして行った」という趣旨の供述をしていることが11日、海保関係者への取材で分かった。事故直後は、急旋回について「関門海峡海上交通センターの管制官の追い越し誘導に従った」と主張していた。

門司海保は船長の供述が翻ったことから、事故の主因はコンテナ船にあったと断定。くらま側にも事故回避の努力を怠った疑いがあるとみて、業務上過失往来危険容疑でコンテナ船長とくらまの操縦責任者を書類送検する方針。管制官については誘導が事故に与えた影響は軽微とみているが、送検するかどうか詰めの捜査を急いでいる。

海保関係者によると、航跡の解析などから、コンテナ船は事故直前まで減速せず、貨物船の後方20−30メートルの距離まで近づき追突寸前になった。このため左に急旋回し、前方から航行してきたくらまと衝突したという。事故の数分前、管制官が「貨物船の左舷側を追い越してください」と無線で誘導していたが、コンテナ船は実際は、右側から追い越す進路を取ったことも分かっている。


画像

さちひこ:マスゴミはスルーなので俺が取り上げる。

画像

犬兵衛:よかったわぅ。くらまが原因じゃないってのが証明されたわぅ。


(・ω・)しかしどうやら責任割合というのがある模様。どういう割合になるのか気になるところだ。







護衛艦くらま、三菱長船で修理へ 10月に韓国船と衝突:長崎新聞
--------------------------------------------------------------------------------
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091225/07.shtml

関門海峡で10月、韓国籍コンテナ船と衝突した海上自衛隊佐世保基地所属の護衛艦くらま(5200トン)が、年明けにも長崎市の三菱重工長崎造船所で修理に入ることが24日、分かった。

海自佐世保地方総監部によると、防衛省が随意契約で修理を発注。費用は約9億4千万円の見込み
--------------------------------------------------------------------------------


画像

さちひこ:くらま復活か。

画像

犬兵衛:お高いけどよかったわぅ<9億




読んで下さってありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【社会】くらま事故で韓国コンテナ船長が証言を翻し、事故の主因が確定 アウトウェイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる