職業アイドレス:はてない国人+犬妖精+剣士+拳法家

はてない国人+犬妖精+剣士+拳法家

画像


名称:・はてない国人(人)
要点:・火の色の髪・頭が悪そう・エプロン
周辺環境:・大和丘商店街・味のれん・大火山(カルデラ)・近所の空き地・普通の一軒家
評価:・体格1.00(評価0)・筋力1.50(評価1)・耐久力1.50(評価1)・外見1.00(評価0)・敏捷1.00(評価0)・器用0.67(評価-1)・感覚1.50(評価1)・知識1.00(評価0)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*はてない国人は一人につきターン開始時に娯楽1万tが増加する代わりに食料1万tを消費する。
*はてない国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
→次のアイドレス:・犬妖精(職業)・剣士(職業)・理力使い(職業)・忍者(職業)・パイロット(職業)・学生(職業)・観光地(施設)・アイドレス工場(施設)・食糧生産地(施設)・資源採掘地(施設)

名称:・犬妖精(職業)
要点:・犬耳・尻尾
周辺環境:・なし
評価:・体格1.00(評価0)・筋力1.00(評価0)・耐久力0.67(評価-1)・外見1.50(評価1)・敏捷1.00(評価0)・器用0.67(評価-1)・感覚1.50(評価1)・知識0.67(評価-1)・幸運1.50(評価1)
特殊:
*犬妖精はコパイロット行為が出来る。
*犬妖精はオペレーター行為が出来る。
*犬妖精は追跡行為が出来る。この時、追跡の判定は×3.38(評価3)され、燃料は必ず-1万tされる。
*犬妖精は白兵戦行為が出来、この時、攻撃、防御、移動判定は×1.50(評価1)され、燃料は必ず-1万tされる。
→次のアイドレス:ぽち王女の巡幸(イベント)、犬(職業)、銃士隊(職業)、バトルメード(職業)

名称:・剣士(職業)
要点:・剣・鎧
周辺環境:・訓練場
評価:・体格1.50(評価1)・筋力1.50(評価1)・耐久力1.50(評価1)・外見0.67(評価-1)・敏捷1.00(評価0)・器用0.67(評価-1)・感覚1.00(評価0)・知識0.67(評価-1)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*剣士は白兵戦行為ができ、この時、白兵戦の攻撃判定は×2.25(評価2)され、燃料は必ず-1万tされる。
*剣士は近距離戦闘行為ができ、この時、近距離戦闘の攻撃判定は×1.50(評価1)され、燃料は必ず-1万tされる。
*剣士は防御判定では×2.25(評価2)され、燃料は必ず-1万tされる。
→次のアイドレス:大剣士(職業)、騎士(職業)、拳法家(職業)

名称:・拳法家(職業)
要点:・虎の爪・拳法服
周辺環境:・訓練場
評価:・体格1.50(評価1)・筋力2.25(評価2)・耐久力1.00(評価0)・外見1.50(評価1)・敏捷3.38(評価3)・器用0.67(評価-1)・感覚1.50(評価1)・知識0.67(評価-1)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*拳法家は白兵戦行為ができ、この時、白兵戦の攻撃判定は×3.38(評価3)され、燃料は必ず-2万tされる。
*拳法家は根源力による死の効果を受けない。
*拳法家は防御判定に敏捷を使うことが出来る。
*拳法家はARを12として扱う。
→次のアイドレス:金美姫(ACE)、金大正(ACE)、暗殺者(職業)、龍の使い(職業)、武闘僧(職業)、茨城雷蔵(ACE)


設定
 アウトウェイの関所や見回りをしている剣士達。彼らの中にはさらに己の技に磨きをかけた者達がいる。その者達は剣が折れてもなお戦えるよう、俊敏でありつつ素手での戦いを体得している。一意専心、死の中に活路を見出す。まさに拳法家である。

 彼らは普段から他の剣士達同様鎧を纏っているが、彼らの鎧は改良されたもので、繋ぎ目近くが特殊磁石でそれぞれを固定しており、すぐに脱着が可能という優れものでありながら、鎧本来の防御力もかねそろえている。(ちなみに、某特撮シリーズみたく、とんでもない速さで相手に鎧のパーツが飛んでいったり、脱着をコントロールする昆虫型装置があるわけではない。そんなことを取り入れれば間違いなく、大先生の事務所や映像権を持つ放送局など様々なところから怒られるであろう。)脱いだ鎧の下には鎧を着ていても動きやすく、通気性も良い特殊拳法着となっており、一部は鎧の上からでも分かるようになっている。

 鎧を脱いで、拳法着だけの動きやすい姿になった彼らの体術以外の彼らの武器は鎧の手甲に仕込まれた爪で、その爪の鋭さと、一撃の重さから「虎の爪」と呼ばれている。

 関所裏には彼ら剣士たちの訓練場があるが、剣士たちの訓練も他の人が見ると危険だが、拳法の訓練となるとさらに危険極まりないものになる。そのときの訓練は刃を潰していない武器を手にし、本当に一歩間違えば命を落としかねない急所狙いの内容となる。中には古威森や希望山の立ち入り禁止区域に赴いて修行するものもいる。

 剣術と体術。一見余剰に見えるものではあるが、体術で養われた瞬発力と反応の高さ・剣術における相手の動きの見切りと間合いの取り方。これらが相乗効果となって、鎧を着たままでも柔軟で素早く、的確な攻撃を繰り出せるほどである。ひょっとしたら、アウトウェイの中で真に強いものとは彼らなのかもしれないが、犬耳と尻尾のおかげでかなり頭悪そうに見えるのは愛嬌と言えば愛嬌なのかもしれない。
(文:相葉 翔)

SS
拳闘剣士(癖毛爆男の手記
「物に頼ってる内はな、違うんだよ。本当の剣術とかってのは、物に頼らなくなることにあるのさ」
(ある高名な武術家の独り言(愚痴

「今日は、面白いものが見れますよ」
そういって、にや、と笑うのは色々な所で縁がある、ある犬妖精の剣士だ。
犬耳と尻尾が、ピクピク、ぐるぐる動いている。どうやら、相当楽しみにしている物らしい。

今、私たちは学園の訓練場にいる。
入り口にはこの国のシンボル、希望山がそびえ立ち、天気も快晴のようだ
奥には練習用の防具や刃を潰した剣などもちらほら見える(刃がつぶれていると判るのは、隣の彼に聞いたからである)

目の前には時間が空いている剣士や剣士科の生徒達がいる。

そして、道場の中央には二人の剣士がいた。
鎧を着て、エプロン状の革の防具を着けている。前に見た剣士よりも鎧は軽装であり、下には薄手の服・・・拳法服のようなものを着ている。

「アレ、判ります? 腰についているの」
隣の剣士の彼が楽しそうに笑っている。彼等の腰の部分を指差す。
そこには、何か白いものがついている。
「ん・・・何かの爪・・・ですか?」
「えぇ、虎の爪です。所謂『拳闘剣士』にしか許されないものですよ」
「拳闘剣士・・・?」
「えぇ、ま、見ててください。あ、始まりますよ」

そういうと、中央の二人の剣士が一礼する。

火の色の髪が美しく揺れる。

「本気でやってもいいんだよね?」
「無論、手を抜いて負けたなんていいわけ、効きたくないからな」
「ふふ・・・よく言うね。それじゃ、いくよ?」

と、と、と・・・と軽い感じで片方の剣士がゆっくり近づき。

ドォッ!

と、物凄い勢いで床を踏みしめ、拳を突き出す。

「ふぅっ!」

殴りかかられた方は鋭く息を吐きながら、その拳を避け、蹴りを繰り出す。

「っぅ!」

仕方なくをそれを身をよじり、剣の腹で受け止めるが、致命的に体勢を崩しすぎた。

ぐしゃ、と音がした。何が起こったのかは判らない。あまりにも早すぎるのだ。

「チェックメイト・・・だ」
「あはは・・・僕の負けかぁ・・・」

首筋に刃を沿わされ、剣士の片方は苦笑した。

「・・・」
「流石ですね、拳闘剣士の戦いは」
「・・・早すぎて、よく判らなかったけど・・・剣を使ったのが・・・」
「そうですね。最後だけです。でも、いいんですよ、それで。剣が無くても戦えるというのが強みですよ」
「ほほう・・・なるほど・・・剣術と体術の総合技術というわけですか」

「あははは、やっぱり強いなぁ」
「・・・笑顔で言われても、な」
苦笑しながら、勝った方の剣士が負けた方の剣士を引き起こす。

「さて・・・それじゃ、次はアレか」
「そうだね、それじゃ、脱ごうか」

二人がごそごそと鎧を脱ぐ。
犬耳と尻尾が激しく動いているので感情は丸分かりではあるが、二人は表面上は冷静そうである。

「さて、学園生諸君。次は君たちに指導だ」
「可愛がってあげるから、頑張ってね」

くすくす笑う剣士とニヤニヤ笑う剣士は今や剣も鎧も脱ぎ捨て、拳法服と革のエプロン鎧、そして、腰につけた虎の爪だけである。
武器は己の身一つ。それでなお、学園生如きでは剣を使おうが自分たちには勝てるとは全く思ってない不遜な態度。

「本来なら、アレに鎧の手甲がつくんですよ。そこにね、虎の爪が仕込んであるんです」
私の横に居た剣士がひそひそと私に囁く。
「ほほう・・・では、何故つけてないのか、というと・・・」
「えぇ、曰く『余裕ッチ☆』って、奴ですね」
彼は苦笑する。

ただ、いくらそこに実力差があろうとも、そこまで言われて笑っていられる学園生だって居ない。

学園生達がいそいそと準備を始める。

そして・・・

***

「なかなか良かったな」
「うん、久しぶりに体を思いっきり動かせたね」
「学園生にはいい災難でしたけどね、多分」

今、私は首都の味のれんのいる。

メンバーは横に居た剣士、そして拳闘剣士の二人と私の四人だ。
みな、酒を飲み、いい感じにほろ酔いである。

「しかし、ひよっこどもも、やりますね」
私の横に居た剣士が苦笑する。
「あぁ、何人かいい動きしてやがったな・・・」
口数の少ない拳闘剣士がポツリと呟く。
「でも、僕等もその間に訓練するから、すぐには追い抜けないよ」
明るい拳闘剣士があははー、と笑った。

「しかし、何故体術まで?」
「んー・・・なんでって言われても・・・」
「あぁ・・・そうだな・・・その方が強いから、としか言いようがない」
「まぁ、剣士が難しいこと、そんなに考えるわけも無いですよ、癖毛さん」

あははー、と笑った私の横に居た剣士が、数分後、フルボッコにされていたことは書くまでも無いことである。

***

「・・・やっぱりここが落ち着くな」
「置いてきたよかったんですか」
「彼にはお会計という、じゅーだいな任務が残ってますから」

あはは、と笑う拳闘剣士とぶす、とした拳闘剣士。ちなみに、私の横に居た剣士はフルボッコの後気絶、会計係として放置である。

「よく、ここには来るんですか?」
「んー・・・僕はたまに、かな」
「俺は暇があれば、だな」

私たちが来たのは普通の一軒家が立ち並ぶ居住区の片隅。
所謂、近所の空き地である。

「やっぱりね、ここに来ると初心を思い出せるよ」
「・・・だな」
「原点回帰の場所、と言うことですか」

ちなみに私達は味のれんのお持ち帰りアップルパイを頬張っている。

この日は結局、日付が変わるまで。こうしてここで、二人の話を聞くことになった。
(6/4 癖毛爆男

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0