職業アイドレス:はてない国人+パイロット+学生+名パイロット

はてない国人+パイロット+学生+名パイロット

画像

画像


名称:・はてない国人(人)
要点:・火の色の髪・頭が悪そう・エプロン
周辺環境:・大和丘商店街・味のれん・大火山(カルデラ)・近所の空き地・普通の一軒家
評価:・体格1.00(評価0)・筋力1.50(評価1)・耐久力1.50(評価1)・外見1.00(評価0)・敏捷1.00(評価0)・器用0.67(評価-1)・感覚1.50(評価1)・知識1.00(評価0)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*はてない国人は一人につきターン開始時に娯楽1万tが増加する代わりに食料1万tを消費する。
*はてない国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
→次のアイドレス:・犬妖精(職業)・剣士(職業)・理力使い(職業)・忍者(職業)・パイロット(職業)・学生(職業)・観光地(施設)・アイドレス工場(施設)・食糧生産地(施設)・資源採掘地(施設)

名称:・パイロット(職業)
要点:・パイロットスーツ・マフラー
周辺環境:・飛行場
評価:・体格0.67(評価-1)・筋力1.00(評価0)・耐久力1.00(評価0)・外見1.00(評価0)・敏捷1.00(評価0)・器用1.00(評価0)・感覚1.50(評価1)・知識1.50(評価1)・幸運0.67(評価-1)
特殊:
*パイロットはI=D、航空機、宇宙船のパイロットになることが出来る。
→次のアイドレス:名パイロット(職業)、瀧川陽平(ACE)、カールTドランジ(ACE)、舞踏子(職業)

名称:・学生(職業)
要点:・学生服
周辺環境:・学校
評価:・体格1.00(評価0)・筋力1.00(評価0)・耐久力1.00(評価0)・外見1.50(評価1)・敏捷1.00(評価0)・器用1.00(評価0)・感覚1.00(評価0)・知識0.67(評価-1)・幸運1.00(評価0)
特殊
*学生は戦闘時AR7以下の際に任意の評価を×2.25(評価2)補正することが出来る。(燃料は消費しない)
→次のアイドレス:・斉藤奈津子(ACE)・学兵(職業)・風紀委員会(職業)

名称:・名パイロット(職業)
要点:・略帽・イエロージャンパー・航空用腕時計
周辺環境:・コクピット
評価:・体格0.67(評価-1)・筋力1.00(評価0)・耐久力1.00(評価0)・外見1.50(評価1)・敏捷1.00(評価0)・器用1.50(評価1)・感覚1.50(評価1)・知識1.50(評価1)・幸運0.67(評価-1)
特殊:
*I=D、RB、航空機での戦闘時、あらゆる判定は×1.50(評価1)される。この時燃料1万tを必ず消費する。
*名パイロットはI=D、航空機、RB、宇宙船、艦船のパイロットになることが出来る。
→次のアイドレス:小さい舞踏子(職業)、金髪舞踏子(職業)、ホープ(職業)、エリザベス(ACE)


設定
 アウトウェイには戦闘面で大きな不安があった。実戦経験があるものが圧倒的に少ない、と言うよりいないのだ。そこで藩王は情勢が宇宙に向かっているのをふまえ、パイロット科の学生達の強化を図ることになった。
 まず、通常の授業で各クラスの成績トップ10人を過去のわんわん帝国の戦闘データを基にした特別授業が組まれた。この授業は実際にI=Dのモニターをシュミレーターとするだけでなく、衝撃・耐G・反応速度全てが実機そのものに相当する負荷をかけて行う。そのためこの中から何度も耐Gで気を失ったり、機体に振り回される者が現れる。そうなると自然に特別授業はなくなり通常授業に戻される。

 このシュミレーター授業(わんわん帝国の過去戦闘データは全て行われる)でトータルの機体損耗25%未満の生徒が併合国との模擬戦に参加したり、帝国主催の戦闘訓練に参加することが許される。こうした実践に近い経験をつんだ者の中でさらにその本の一握りに当たるトップ5人がイエロージャンパー・航空用腕時計を与えられ、さらにそのトップ3人が藩王から直々にわんわん帝国統一の略帽が与えられる。略帽が与えられないものはパイロット科の指導要員になるか、今まで通り授業を受け、もう一度挑戦するか選択される。(なお、イエロージャンパー・航空用時計所持者は2度目の挑戦でダメなら二点が剥奪となるだけでなく、そのままパイロット科卒業となり、始動要員か国軍に入隊するかの二択になる)
 これほど厳しい内容ではあるが、即戦力になるものを育成するこの方針は生徒達のやる気を大きく上げるものになった。そのため、事実上再挑戦に失敗するものは現在まで0人である。ノリのいい性格なのか単純にバカなのかは分からないが、この方針のおかげでエースと呼ばれるパイロットは誕生し、見事即戦力になるよう仕立てることが出来た。
(文:相葉 翔)

SS
名パイロットの取材(癖毛爆男の手記

「じゃあ、貴方が?」
「ん? まぁ、そういうことだね」

アウトウェイ首都。ただの一軒家や空き地が並ぶ居住区の下にある、商店街。
その一角「味のれん」で私と彼は出会った。

「そうですか・・・貴方が噂に聞く・・・」
「やめてください。俺、一応まだ、ただの学生ですよ?」

私の驚く顔にくすくす笑う彼。
名前はハヤト・コバワ。

学生でありながら、名パイロット、つまりエースの一員にしか許されない略帽を被ったその青年はすでに成人年齢を迎えており、味のれんで酒を飲んでいたところで出会った。

噂は聞いていた。

学生の中でもトップの奴がいる。教官をしのぐほどの凄腕がいる。
彼がその一人であるらしい。

彼はゆっくり酒を飲んでいる。手には航空用腕時計をつけている。
それは我が国が認めたもう一つの証。
名パイロットしか身に着けることを許されない、藩王から手渡しされる、我が国のロゴ入りの物である。

「あ、そうだ・・・なんなら、明日見に来ますか? 明日は実機訓練ですし」
「是非に」

やわらかく微笑む彼に、私は即答していた。

***

大カルデラである希望山を背後に、今日も首都最上部に存在する学園は佇んでいた。

「今日伺う約束をしていた癖毛と申しますが・・・」
「あぁ、聞いていますよ。この階段を・・・」

パイロット科の事務受付に入園許可をもらい、私は説明された場所に向かった。
向かった先は飛行場。
広大な土地を誇りながらも、実機演習となると流石にそう何度もできるわけではないので、普段は整備の城と化していると噂の場所だ。

「さーて、今日は実機訓練だ」

I=Dが置いてある整備テントの中に入ると教官が声を張り上げている。

テント内は赤毛の人間たちがあっちこっちに移動している。
周囲の人間たちのほとんどが今日動かすのであろうI=Dを一生懸命整備、点検しているようだ。
それ以外の人間。教官の前にはパイロットスーツとマフラーを着けている学生たちがいる。内何人かは・・・黄色いジャンパーを着ている。

「ん? あぁ、アンタか。話は聞いてるよ。隅で座っててくれ」
「判りました」

言われるまま、邪魔にならないように隅の方でおとなしくしている。

「いいか、今日はとりあえず、何人かの選抜による実機の運転を行う。それを見て、お前等もきっちり学べ」
『はい!』

教官の声に生徒たちが元気よくこたえた。
流石にここに着て、ふざけている生徒は居ないようだ。
整備している人間の中には何名か制服の上にエプロンを着けたままで作業をしている男子も居た。
最も、エプロンの中にはスパナや計測器などの整備道具が詰まっているのは見て取れたが。
どうやら、これは整備科の授業の一環でもあるらしい。

「さて、それじゃ・・・メインパイロットはハヤト・コガワ、子パイロットはミライ・ヤスダ、アムロ・ゼロの二名だ」
「はい」「はーい」「はい」

そう呼ばれた彼、ハヤト・コガワ、ミライ・ヤスダ、アムロ・ゼロが前に出た。

全員、パイロットスーツを着て、首にはマフラーを着けている。
その上から、名パイロットしか着ることを許されないといわれている黄色いジャンパーを着ていた。

「アンタ等が代表だ。取材も来てる。無様なところ見せるんじゃないよ!」
「はい、わかりました」
「怪我しない程度に頑張りまーす」
「・・・はい」

コガワ・ヤスダ・ゼロが返事をする。
その時、コガワが微笑んで、私を見た。私も頭を下げ、軽く微笑んだ。

「さて・・・それじゃ、整備は終わってるのかい!?」
教官が整備中のI=D、ケントを見た。

「こちら第一整備班、駆動系、準備良し」
「こちら第二整備班、機体外面装備、準備良し」
「こちら第四整備班、機関、準備良し」
「こちら第五整備班、観測記録開始、準備良し」
「遅れました。こちら第三整備班、機体バランス、準備良し」

「全整備班、準備完了であります!」

全班の確認声を聞いて、整備を統括しているであろう生徒が元気よく答えた。

「さて・・・注意しろよ。実機とシュミレーターの差は半端じゃない」

にやぁ、と教官がコガワに笑いかける。

「何を注意するんですか? 自分の命を失うかもしれないことですか? それとも、機体を破損させることですか?」

ハヤト・コガワが苦笑する。

「どっちもだ。機体の代わりを用意するには金と時間が、貴様の変わりは居ないんだから」

パンパン、と教官が彼の肩を叩き。

「・・・了解しましたよ、教官」

苦笑したまま、彼はその黄色いジャンパーを脱いだ。
それに応じるようにヤスダ・ゼロの二人もジャンパーを脱ぐ。
パイロットスーツと、その誇りたるマフラーのみをつけそのまま、タラップを上り、彼等はそれぞれのコックピットに飛び込む。

「では、180秒後に実機運転を開始します。大地の神、ポチ王女、後、ついでにシロ宰相のご加護を」
「不敬罪に問われるよ」
「私、ポチ王女のファンだよー」
「ま・・・適当にやるよ」

整備班の言葉に彼等はくすくす笑うと、コックピットハッチを締めた。

「さて、それじゃ、お前等も外に出ろ! 今からケントが動き出す!」

教官の声で待機していた生徒たちが外に出る。
ケントが手で頭をさする、いわゆる格好いい乗り方の締めで、みんなに挨拶した。

***

「さて・・・準備はいいかな?」

コックピットの中でコガワが息を吐く。
流石に緊張しているのか、忙しなく首もとのマフラーを指でいじる。

『こっちはオッケーだよー』
『こちらも覚悟はできている』

コガワの問いかけに二人の声が聞こえた。コガワはそれを聞くと、マフラーをいじる手を止めた。

外では、整備班が実戦に基づく最終作業を行っている。

「残り107秒。テスト・ホープ、スタンドバイ!」
「整備班、地上に残ったパイロット科全ての思いを、貴方達に託します。エンジン始動、起動準備!」
「起動準備開始! エンジン始動。出力、上昇!」
「起動準備開始 エンジン始動に合わせて機体チェック開始」
「起動準備開始 機体チェック・・・クリアー・・・クリアー・・・クリアー・・・システム、オールグリーン!」
「起動準備開始 機体チェックオールグリーン確認。各関節ロック解除!」
「起動準備、全工程終了!」

整備班を統括している生徒が、ケントのほうを見て、敬礼した。

「・・・行こうか。これが、運命を変える第一歩になると信じて」
『そんなに気負わなくても平気だよー』
『そうそう。血から入れすぎると、怪我するさ』

コガワは苦笑すると、一歩目を踏み出した。

***

「さて・・・お披露目か」

外に出て、ケントを待つ我々。流石にみんな、顔に緊張の色が耐えない。

『ケント、ハヤタ・コガワ、出ます!』

彼とは違う声で、整備テントから声がした。そして。

ズシン・・・ズシン・・・

地響きのような音をさせながら、そのケントは姿を現した。

「・・・いい動きだ。無駄が無く、滑らか」
「普通に動いているだけでは?」
「アンタもI=Dに乗れば判る。その普通が、一番難しいのさ」

教官が私の問いに苦笑する。その頃にはケントは飛行場の広い部分に出て。

ゥゥゥンゥゥゥ・・・

低いうなり声のような音がして、膝を曲げる。

ガッ! ブゥゥゥゥウゥウッゥゥッゥゥゥゥウウウゥウウウッ!!

そして、膝を伸ばした瞬間。正に跳んで飛んだ。

『おおーーーーー!!』

整備科もパイロット科も関係ない。生徒達は空を自由に動き回るケントを見て、マフラーや制服の上着などを放り投げている。

上空ではケントが優雅に、しかし獰猛に動き続ける。
腕をわざと出すことで、空気抵抗による旋回を試みる。
かと思えば、どんどん飛翔していき、そのまま大地に向かって垂直降下。直前で切り返す。

ショー的であり、実戦的であろうその動きは見るものの心を魅了し、周囲はケントが何かする度に歓声を上げる。

「やるじゃないか・・・たく・・・私の面子も形無しだね」

教官はどこか嬉しいような、寂しいような声でそんなことを呟く。
見てみれば、少しだけ・・・そう、ほんの少しだけ、泣いていた様な気がした。

***

「ふぅ・・・つかれ・・・うわぁっ」
「にゅ?」
「やれやれ・・・」

二十分くらいの運転の後、大地に戻ったケントは整備テントにユックリと戻る。
コックピットが開き、中からコガワが出てくると、パイロット科の生徒たちがそれに群がり、胴上げをし始める。

「うわ、わぁ、浮いて、こわ、怖いよ、みんな!」

笑顔で宙に浮いているコガワ。

「素直に飛んでおけ、コガワ」
「うにー、私も飛びたかったー!」

それを予想して、あえて遅れて出てきたのであろうゼロの苦笑と、それを全く予想できなくて飛び損ねたヤスダの残念そうな声が聞こえる。

『やるじゃねーか!』
『てめー、このやろー、ちょっと感動したぞ!』
『さすが名パイロットだ!』
『今度、色々教えてね』

それぞれが思い思いのことを言い、私に聞き取れたのはそれ位だ。

反面、整備科の生徒達はすぐに機体の点検を始める。
どうやら、彼等が感涙でむせび泣くのはテストの後の点検も何の問題もない時らしい。

「ほらほら、お前等! 一回くらいの成功で浮かれんじゃないよ! コガワ達が成功しただけだろうが!」

そこへ教官がずかずか歩いていく。
生徒達は嬉しそうに胴上げを止めて、教官の前に整列した。
コガワも脱ぎ捨てた黄色いジャンパーを生徒の一人から受け取ると、それを着て整列した。

「さて・・・今回の実機試験はとりあえず、成功だ。しかし! お前等のうちの一チームができただけに過ぎないことを忘れるな!」
『はい!』
「全員、あの程度の動きができて当然! そうなるまではお前等、血反吐を吐いてのた打ち回るくらい鍛えてやる、覚悟しておけ!」
『はい!』
「・・・・・・最後に、コガワ、ヤスダ、ゼロ」
「はい」「うに?」「ん?」
「・・・いい、動きだった」

最後にそれだけ行って、微苦笑すると教官が立ち去る。

コガワはそれに敬礼を返し、ヤスダは嬉しそうに笑い、ゼロは苦笑して、コガワが敬礼を解く前に彼等は今度は三人で、生徒たちに囲まれた。

***

「・・・と、追いつきましたね、何とか」
「? あぁ、アンタか。コガワに取材はいいのかい?」

私はその後、何とか教官に追いついた。コガワの話も聞きたかったが、何故だかこちらの話を聞かなければならないと思ったのだ。

「えぇ、私の疑問は・・・なぜ、あんな顔をしたのですか?」
「さて・・・何のことかな?」
「・・・とぼけても構いませんけどね。ジャーナリストの目は中々鋭いですよ?」

あっさりとぼけた教官に思わず苦笑して、私は教官と一緒に並んで歩く。
しばらく沈黙が続き、それを破ったのは教官だった。

「・・・なぁ、アンタ」
「はい、なんでしょう?」
「・・・なんで、私らよりもあんな子供の方が上手いんだろうな?」
「・・・嫉妬、ですか?」

私がそういうと、教官は苦笑して。

「そうだな・・・それだったら、どれだけ楽だったんだろう」

寂しそうに微笑んだ。

***

続きの話は記載しない。教官の思いは、本物であったことだけを知るにとどめる。
(6・2 癖毛爆男

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0